日本語というのは擬音の数がかなり多い言語らしいです

日本人は世界の人達に比べると擬音を多く使っているらしいですね。

それはなぜかというと、海外では擬音を使わずともそれに該当する文章が存在しているため、わざわざ擬音を使って説明せずとも説明できる場面が多いという事らしいです。もちろん海外にも擬音は存在しているようですが。

そして海外ではそのような背景から擬音を使う人=子供といったイメージもあるようです。つまり、まだ文章を学習していない子供がよく使う物、という事ですね。

しかし日本ではそんな事はありません。老若男女問わず擬音を使って会話や説明をする事は珍しくありません。

もしかしたらその事が日本の漫画、アニメ文化の成長に役立ったのかもしれません。

曖昧さがあったからこそ漫画の中で表現する時に表現の幅を広げたりする事ができ、日本語だけにしかない魅力が漫画やアニメの発展に貢献したという部分はあるのかもしれません。

侘び寂びもそれに近いかもしれませんが、なんでも完璧を追い求めるだけでなく、少し遊びを持たせておくからこそできる余裕の部分を楽しむ、そういった事も必要だと思います。

そしてその点でも漫画やアニメは日本らしいのかもしれません。http://www.sleeekingenting.biz/ryoukin.html