猫が寝に来なかった朝、メルカリの購入の通知来ていた

ここ3日ほど猫たちが他に行き場所がないせいか私の部屋に寝に来ていたのですが、昨夜はまったく来た様子がないので寂しく思いました。
代わりにスマホにメルカリの購入の通知が2件来ており、昨夜来たのと合わせると3件今日中に発送しなくてはいけません。
雪が降ったことで行くのが面倒でならないのですが、お金が入ること自体はとても嬉しく思っています。
窓を開けて外を見ると雪が積もっていますが、思っていたほどではなくてまた溶けて消えてしまうのかと寂しく思いました。
髭を剃ってからキッチンに行くと私が切った柿はたくさん残っており、昨夜のクリーム鍋はマカロニとベーコンだけ残っており、ウィンナーは尽きています。
居間のこたつの中には猫たちが寝ており、私がなでてやると子猫はうっとうしげに首を振って寂しく思いました。
風呂に入ろうとすると脱衣所の電気がつきません。
このことを家族に後で伝えようと思いつつ入浴し、あがったらタンブラーに麦茶を注ぎ、まだ麦茶は残っていましたがもうかなり前に作ったものなので入れ替えました。
そして自室でいつも通り作業を始めます。都度払い 脱毛サロン

歯科医へいく時にはまず歯を削られる治療の恐怖が頭の中をよぎってしまいます

奥歯の被せ物がまた外れてしまったので、行きつけの歯科医院へ治療の予約の電話をしました。時間は午前11時45分頃だったので明日の空いている時間でもしょうがないかなと思っていたところ、今すぐに来てくださいとの返事をもらいました。このように被せが外れたのは今年3回目になります。これまで被せが外れる度に接着だけの処理を先生にお願いしていたのですが、今回外れたことでいよいよ新しい被せを作ってもらわなければならいと思いました。新しい被せ作るとなると歯を削られることになりますが、これがたまらなく恐怖となるのです。これを避けるために今まで接着だけで済ませてもらっていたのです。歯科医へ到着したのは12時15分になっていました。先生からは案の定、今度は新しく被せ物を作る必要がありますといわれた時は、予想はしていたもののあの削られるという恐怖が頭をよぎりました。診察台ではまな板の上の鯉状態で体を硬くして治療を受けました。治療時間は15分足らずだったと思いますが、歯を削られている時間はもっと長く感じられました。今日は仮の処置ですが来週には台が装着されてその次の段階で被せの型取りとなる予定です。きちんと予約通りの日に通院して治療を受けて出来るだけ早く処置が終わることを願うだけです。それにしても何歳になっても歯科治療への恐怖の気持ちは抜け切れないものですね。