ニュース嫌いの我々がピクチャーブックを掴むようになった理由は子どもたちの力

今どき、次男たちが画集が好きなことに気づいて画集を美しく貰う。少し前までは画集って良いな?どっちみち読まないよなってか読んであげないといけないし、わずらわしいなーって思って本屋に行って画集を確かめることも買うこともなかったし。自分自身が公式をよむのが好きじゃないからかさらに、公式に対してよむのがわずらわしいって思ってた。けど次男たちは保育園のおかげか画集が歓迎。べらべら画集をまくる、次から次へと出てくるカラフルな挿絵に大幸運。上、長男の分娩祝いに側からもらった”そらまめ氏のベッド”を読んであげただけで次男たち大幸運!それから画集を貰う機会が増えた。もう少しで2歳になる次男は”ねないこだれです”関連のおばけが恐ろしいと言いつつ大好き。4年の次男は”ふまんがあります”が大好き。こういう”ふまんがあります”を書いてるヨシタケシンノスケ君の画集は挿絵がかわいいのと、リーダーの父母も味わえる行程。読んであげててここまでおかしい。だからヨシタケシンノスケ君の書いた公式は”ふまんがあります” “りゆうがあります” “こういう上どうしてしちゃおう” “これからぬげない”を同時に買い付け。意外とどれも大好きな公式。2年、4年には苦しいかな?っておもう部分もあるけど、でもちょこっと大仰に読んで吊り上げるとそれだけで大抱腹絶倒!画集ってうれしいんだ、公式って嬉しいんだって父母になって、こういう年になってわかれたのは次男たちのおかげ。そしてヨシタケシンノスケ君の有難い画集たちのおかげ。上、画集を読んであげている時、次男陣が面白したり、怖がったり、静かになったり‥その反動が楽しくて、色々な反動が見たくて少々やけになって画集を読ん現れる自分に笑っちゃう。これからも色々な画集を読んであげていきたいし、自分のために公式を読んでいこうかなっと思ってる。キレイモvio