お家でタイ献立!かんたん作り方で本場の味覚

中華スープの素気のタイ献立。
トムヤムクン、ガパオご飯、グリーンカレーなどなど。
暑いタイならではのハーブやトウガラシを使った健康で減量にも
働きが想定出来そうな点も人気の意味の1つなんでしょうね。
こんな注目のタイ献立、ご家庭では実にマテリアルも揃わないので作るのは難しい。
でも、作ってみたいという方にスーパーで買えるマテリアルで元祖にほど近い風味を
復元望める(?!)ちょっとした通知をお知らせします。

今回は、人気急上昇のガパオライス。
タイ語では、パッガパオ。扱うお肉によって、鶏肉ならパッガパオガイ、
豚肉なら、パッガパオムーとなります。
目玉焼きをトッピングするなら、パッガパオガイ/ムー、カイダーオとなります。

ひとまず、メインのガパオ(スイートバジル)がずいぶんありませんね。
なので、僕はシソの葉を使用します。
素晴らしいアロマオイルでガパオにも負けてませんよ。
値は、生半可だ(笑) 結構かんたんなので善悪お試し下さい。

フライパンで、ニンニク(ドライものでもオッケー)、生トウガラシまたは鷹の爪(おこのみで)炒める。
アロマオイルが出たら、鶏肉または豚肉をいれ炒める。(お肉はミンチまたは、小さめに下回る)
インゲン(1センチ度合に下回る)やお好みで人参(小さめのイチョウ切り)、赤子コーン(輪切り)を
与え炒める。
中華スープの素を小さじ1度合、オイスターソースを大さじ2近辺入れて炒め、水をチラホラくわえる。
シソの葉を加えてラスト。

あとは、飯の上に↑のガパオをかけて、目玉焼きをのせる。
生トウガラシとニンニクスライス、レモン汁をくわえたナンプラーをお好みで見張ると
甚だ本場の風味!
夏に向けて願わくは。http://www.imacsindonesia.com/musee-tel/